【3位】むらさきお茄子🍆さんインタビュー


🐰「まずは自己紹介をお願いします!」🐰

 

私を布教してのユーザーさんの中では、だいぶ歳を重ねたおじさん系配信者のむらさきお茄子です。普段は看護師を生業として仕事に励んで、隙間時間に配信をしてます。この度はこのような素敵な場所にお招き頂きありがとうございます。
そして、今回トップバナーチャレンジで応援してくれた皆さん、本当にありがとうございました。皆さんのおかげでこのような素敵な機会を設けて頂くこと出来ました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。


🐰「あなたのアピールポイントについて教えてください! 」🐰

 

アピールできるアピールポイントは特に持ち合わせておりません。
年齢もライバーさんやリスナーさんと比較して離れているため、旬な話題を届けしたり、面白い事を言ったりするような配信をする事が出来ません。

ですがおじさんであるが故の癖の強さであったり、包容力であったり、オトナの魅力が自分の強みだと思っています。が、実際はただの自己満配信です。
普段枠に遊びに来てくれてる方、誰か私のアピールポイントを教えてください…


🐰「普段はどのような配信を行っていますか?」🐰

 

普段は大人枠で枠を取る事が多いです。
ぺろぺろぬちゅちゅな枠をしています。
いつも自分が楽しいと思える配信をして枠に来てくれた人も楽しい気持ちにさせたいと言う気持ちで配信をやっています。

が、その思いが強すぎて良からぬ方向に配信が行ってしまう事が多々あります。反省してます。
万人受けする枠の内容でも声でもないので10人いたら2.3人の心に刺さってくれたらなぁ、癖になってくれたらなぁと思いながら配信をしています。


🐰「あなたがみんなに「布教」したい○○について教えてください!」🐰

 

ねぇ、そこのキミ看護師…なってみない?
看護師になれ!ということを押し付ける訳ではありませんが、布教する事もないので自分の生業である看護師がどんなものか布教していきたいと思います。この話を聞いて看護って意外といいじゃん!看護師って仕事楽しそうって思ってくれる人が居てくれたら幸いです。
看護師さんって病気の患者さんの身の回りのお世話をしたり、注射をしたりするイメージが強く「医師の補助係」「患者の身の回りのお世話係」という印象があるのではないかと思います。看護師の国から許可されている業として「医師の診療の補助と患者の療養上の世話」と法律でうたわれているため医師の雑用と思われたり患者さんのお世話係と思われてる人も多いと思います。しかし私は、看護師は患者さんの入院生活をマネージメントしている存在だと思っています。病院の中にいる業種の中で患者さんと時間を共にするのが1番長いのは看護師です。患者の些細なバイタルサインの変化や言動、患者さんの身体初見から病院の状態を分析して医師に相談。その結果患者さんは一命を取り留めるというような事例は仕事をしていると多々あります。患者さんの状態に早く気付けて報告できて早めの対応が出来て急変する前に気付けて、「俺、ナイス看護じゃん!」って自分の仕事にやりがいを感じられるところが看護師やっててよかったなぁって思えます。でも怖いことだってあります。
医師の指示通り飲ませてしまったお薬。医師の言われた通りの量を言われた通りの方法で内服させたのに状態が悪くなってしまった…本当は飲ませてはいけないお薬だったのに…知識があれば、医師にこの薬でいいんですか?○○の疾患がありますけど?って言えてたら患者の状態が悪くなるはずなかったのに…実際に私も入職したばかりの時に怖い経験をした事が何回もあります。その度に看護師ってただ、患者さんの観察とか情報を収集してるわけじゃないんだなぁ、色んなこと知って知り得た知識を繋げて観察しないと患者さんって診れないんだなぁ…ちゃんと勉強しやきゃって落ち込むこともあります。でも、経験と知識を積んでいくうちに「あ、この薬飲ませちゃまダメだぁ」「先生、検査項目足りないけど追加しとかなくていいですか?」と自分から気付けるようになり、患者さんをちゃんと診れるようになってきてるって成長を感じる楽しさや病態や解剖生理が理解出来て繋がったときに楽しさを感じる事も出てきます。
患者さんとの対応だって見方を変えれば楽しいです。治療が嫌だと駄々をこねる患者さん、そんな患者に対応の仕方であったり声掛けの仕方一つで前向きな気持ちになってくれる。そういった時に、ただ患者さんとお喋りしてるわけじゃないんだぁ、ちゃんと根拠があって患者さんとお話してるんだぁ!先輩すげぇ!俺もあんな風になりてぇ!と看護の業に魅了される事もあります。自分の声掛け一つで患者さんの心が患者さんの気持ちをいい方向にも悪い方向にも左右します。ですが、前向きな気持ちになってくれた時の嬉しさは言葉には表し難いものがあります。
看護師には病気の診断や治療をする業はありません。しかし病気に対する広い視野持ったり心理的な介入方法が必要であったりします。その事が、「今日も1日患者さんの身に何も起こらなくて業務を終えることが出来た平和だったね!」ではなく「患者さんの身に何も起こらずに起こりそうだった事を先に予見し行動し、早期の対応が出来たからこの患者さんは1日安全に過ごして貰うことが出来た!俺の看護のおかげやでっ!」「俺の声掛けで患者さん前向きに治療に取り組んでくれるようになって、俺の看護レベルちょっと上がったんじゃねっ?」と思えると自分のやってる看護に対してもモチベーションが上がります。自分という存在が、看護師として価値を見いだせるのではないかなぁと考えています。
誰でもいいんじゃなくて、あなただからいい看護ができたんだよっ!って言われるにはまだ程遠い看護師ではありますが、患者さんの中には「あなたでよかった」そのように言って下さる方もいらっしゃいます。その時、「あー自分の看護って間違ってなかったんだなぁ」ってこの仕事を選んでよかったって思えます。
看護には間違いはあるものの、正解はありません。10人居れば10通りの看護の考え方があります。みんなちがってみんないい。それも看護の面白さの一つではないかなぁと感じてます。

少しだけ看護師として働いている中での看護の魅力について話させてもらいましたが、看護師意外と楽しいよ?君もなってみないかい?看護師に?つらつらと書いたので内容にまとまりがないです。ですが、少しでも看護師って職業も悪くないって思って貰えたら嬉しいです。
マンパワーがとてもとても不足してるからほんとに看護師の布教して看護師の数が少しでも増えてくれないと、私たち…仕事…つらいのです( ᵒ̴̶̷᷄꒳ᵒ̴̶̷᷅ )


🐰「配信を見に来てくださるリスナーさんの印象について教えてください! 」🐰

 

私の配信に来て下さるリスナーさんは皆さんとても優しいんだなぁと言う印象があります。
年齢が10も20も離れているどこにでもいるようなおじさんの声をわざわざ配信に行って聴きたいですか?
そんなおじさんの配信に来てくれて、おじさんのつまらない話や内容のない話に付き合ってくれる、私の枠に遊びに来てくれるリスナーさんはとても優しい方が多いなぁと感じています。


🐰「今回のイベントを振り返ってみていかがでしたか?」🐰

 

配信でイベントに参加するもいう初めての経験で応援してくれてる事の嬉しさを感じた反面、応援してくれているからには…と言う重圧もありました。
ですが、そんな重圧って日常生活で味わうことってなかなかないので緊張やプレッシャーを楽しんで配信することが出来てとてもいい思い出に残るイベント期間でした。

そして、今回このイベントに参加することで沢山の人との出会いがありました。
イベント通じて今までお話する事のなかったライバーさんやリスナーさんとも仲良くなる事ができました。
イベントに参加してなかったら出会う事がなかったのかもしれはい…と考えるとても感慨深く、本当にイベントに参加してよかったなぁと思っています。


🐰「憧れのライバーや仲良くしたいライバーはいますか? 」🐰

 

憧れているライバーさんは優維(yui_yui)くんです。
彼の枠はイケカテで私の枠とは似ても似つかない華やかな配信をしていてとても魅力的です。
好きです///ウッッデルッ///…失礼しました。彼はイケボだし、配信中の枠の回し方も上手で、いつかはおじさんでもあんな風にお話上手でみんなを楽しませることができて、枠にいる時間があっという間に過ぎてしまうような楽しい枠ができたらなぁと思ってます。

一人ぼっちで配信していた私を見つけてくれて、枠も招待してくれて今、沢山のお友達だちが出来たのは優維ぴょんのお陰だと思ってます。いつも楽しい枠をありがとう///


🐰「今後の目標について教えてください! 」🐰

 

目標という目標はありませんが、今回のトプバナチャレンジでこのような素晴らしい順位を頂きました。
「トプバナ3位だったのに…」と来てくれたリスナーさんに思われないような、がっかりされないような配信をして行くことが当面の目標です。


🐰「最後にひとこと! 」🐰

 

私を布教してと言うアプリで沢山の方と巡り会うことができました。
少しでも皆さんと配信を通して同じ時間を共有して、配信を通じていろんな楽しい思い出を沢山作って行きたいと思っています。
まだまだ拙い配信ではありますが、少しでも多くの方とお話しをして楽しい時間を共有できたらなぁと思っています。最後までインタビューを読んでくれたそこのあなた!どんな人かまだ知らなくて、少しでも気になったら、おなすの配信に足を運んで見ませんか?


▶︎【4位】すたちゅむさんインタビュー

▲インタビューページ一覧に戻る